河口湖ペンションオーナーの気まぐれブログ。


by decott
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ロケットストーブ( 5 )

ロケットストーブ 改

作ったのにあんまり活躍の場がないロケットストーブくん。
火力が今一つなのと、どうもずっと燃焼していない感じがする?
f0081905_13143341.jpg

このままではもったいない。

それにもう少し火力が上がれば、今度作る(予定)のピザ窯の
脱着式の燃焼室にできないかという思惑がありますので
ここはひとつ、改良してみましょう。

なんだかイッツも行き当たりばったりだなぁ・・。

よくよく他の方のを見てみると、どうやら口径がちょっと小さい。
しかも、燃焼室にエビ管を使っているので
あんまり木を突っ込みすぎると、空気が入らなくて燃焼しないようだ。

なるほど。なるほど。

というわけで、口径の少し大きい管で
燃焼室は横から空気を取り入れられるようにTの字管をチョイス。
f0081905_13193238.jpg


これがなかなかいいあんばい。
f0081905_13203126.jpg


空気が通りやすいように、T字管は上のほうをちょっとあけましたので
木をいっぱい詰めても、火が衰えることはありませんでした
(でも、もう少し口を広げたほうが良いようでした)
f0081905_13213390.jpg
f0081905_13214410.jpg


おおぉ~~
いいんでないの。
結構な火力が出ましたねぇ

これならピザ焼きにも使えそうだなぁ・・。
なんだか、楽しいな~オイ。

・・・
ピザ窯なんか、まだまったく手をつけてないのに、夢は膨らみます。


おまけですがこの間のメンテナンスしていた
ウッドデッキもきれいになりました
f0081905_13251052.jpg


いろいろ作っていくと、メンテナンスがホントに大変ですが
きれいになると、やっぱりやってよかったなぁと思って
悦に入ってしまいます。

さて、つぎは・・。
[PR]
by decott | 2013-03-09 13:28 | ロケットストーブ

ロケットストーブ 番外

外仕事の時のストーブがほしかったので
今回は余っていた丸太を使ったストーブです

これもロケットストーブと同じ原理なようですが
フィンランドのきこりさんたちがよくやっている(らしい)ものです
bushcraftという名称のようです
フランスの友人が教えてくれました

用意するものは丸太の切れ端だけ
これに十字にチェーンソーで切れ込みを入れます

ただ、切れ込みの中に火をつけるんですが、日曜大工のチェーンソーでは
ブレードの厚みが全くないので火をつけるのがちょー大変です
f0081905_002233.jpg

ですので、今回は下のほうが三角になるように切り込みを入れました
おかげで苦も無く着火!
f0081905_02459.jpg


最初は結構火が上がりますが、それでも周りに飛び火することもなく
安定してつきました。

うーむ。

簡単な割にはいいんでないの。

ヤカンでお湯もわかしてみましたが、20分ぐらいで1.8Lぐらいは沸いてしまいました
すごいぜ。
f0081905_0431.jpg


これの利点ははまだありまして、下をあんまり焦がさないことと
すぐに移動できる点です

かなり時間がたっても燃え残ってるところを持てば移動できますし
ヤカンも相当な時間乗せていられます。

なんともいいもんだ

最後はこんな感じですが、今回20センチぐらいで、2時間強ついてましたから
この丸太をまきにしてしまうよりはるかに長もちですね
f0081905_071793.jpg


次回のキャンプの時には、切り込みを入れたこいつを持っていこう。
夕方に火を付ければ夕飯までは十分持ちそうです

皆様も一度お試しあれ。
でも、都会の人はこの丸太が手に入らんかなぁ・・
[PR]
by decott | 2013-01-13 00:14 | ロケットストーブ

ロケットストーブ 2

さてさて、とうに忘れられていたロケットストーブくん。

点火。
このストーブには点火時にちょっとしたコツがあります。
f0081905_9324347.jpg

まずそこら辺にある木切れを少し入れた後
段ボールなどを着火して一緒に入れます

通常、このままだと当然段ボールが燃えて終わりなのですが
ここからがロケットストーブのすごいところ!!

長い煙突のほうにこれまた着火した段ボールを入れてやると
空気の流れが点火口から煙突へと強力に流れていきます
すると火が流れるように煙突へと向かい、炎が大きくなって木切れに着火していきます

すごいぜ!
少しの材料で、あっという間に着火しました。

おおーー!!
ゴォォーーーーーっとすごい音がしております
f0081905_9429100.jpg

点火口は火が見えていますが、空気が煙突へ流れていくためこちら側には
炎は上がって来ません。
f0081905_9431522.jpg

煙突の上から見たところ
炎が横からきているのがわかりますかね
上に乗っているのは粗大ゴミで拾ってきたゴトクです

空気の流れで強制的に火が強くなっていますので着火時以外は煙もあまり出てません

なかなか、すごいんでないの。

至れり尽くせりって感じか!!

・・・・・・
しかし、なんだか火は強く見えるのに、あったかくならないんですけど・・。

なるほど、本来このストーブはこの本体のまわりに、一回り大きい缶などをつけて
その中を排気のあったかい熱が回って暖かくなる物なんですな。
f0081905_9581349.jpg

イメージ的にはこんな感じか?

このままではあったかい排気は出ておわりになってしまうのですな

あらー。
結構あったかいのも期待してたんだけどなぁ

ガックシ。

仕方ない、拾ってきたゴトクでコンロとしての役割に特化させよう。

モチだもち。
[PR]
by decott | 2012-02-28 10:04 | ロケットストーブ

ロケットストーブ製作

クリスマスなのにこんなネタとは・・

・・気を取り直して、ロケットストーブができました
なんだかチョー簡単で拍子抜けいたしました

本来はドラム缶とレンガで作る固定式の物のようですが
今回はお手頃なペール缶で製作。

今、震災のあったところでは思いのほか
重宝されているとか。

さてさて、ロケットストーブといっても、当然ながら火をつけても飛んでいきません・・。
2次燃焼とか、ゴーという音から来たとか名前の由来はいろいろ説はあるようです
でも、私はついこの間知りましたが、かなり昔からあるようです。

で、これがペール缶
f0081905_21563365.jpg

オイルとか業務用の接着剤とか入ってるやつですね
今回は近くの方に修理工場からもらってきてもらいました。

煙突兼、燃焼室になるステンレス煙突
f0081905_21581097.jpg

これで、2500円ぐらい
ヤスーッ!!
今回このストーブのために買ったものはこれだけ。

うーむ、ホントにできるのだろうか

缶の下のほうに煙突の通る穴を開けます
手元に金ばさみがなかったので、ハンドサンダーで大まかに切った後
キッチンバサミで切ったらうまく行きました
(さすがキッチンバサミ何でも切れるぜ)
f0081905_2223823.jpg


穴があいたら、曲げ缶を通して針金で固定
f0081905_223148.jpg

この時、このステンレス管は若干左右の口のサイズが違っていて
うまく重ねて組めるようになっています。
一度組んでみてから、くっつけないと後で組めなくなる可能性あり
おいらは、ビス止めをしようとしてしまった・・あぶねーあぶねー

そんでもって組み合わせたところ。
f0081905_2272857.jpg



・・・・・。
あれ、。
できちゃったぞ。

まだ始めてから30分ぐらいしかたっとらん。

これでいいはずだけど、ホントに大丈夫か?

後は断熱材として、そこら辺にあった灰をいれて、とりあえず完成
f0081905_2294634.jpg

今回は断熱材をケチって、灰にしましたがホームセンターで売っている
パーライトという石でもいいようです。

なんにせよ1時間そこそこで完成しました。

運用と、細かいところのはまた後日。

しかし、これはホントに簡単だわ。
早くモチか、イモでも焼いてみたいなぁー
[PR]
by decott | 2011-12-23 22:15 | ロケットストーブ

さぶっ!!

なんとか、ホームページの方も一段落つきましたので
(・・・トップページしかできておりませんが)
庭仕事にシフトです。

このところ、こもりがちだったので、ちょっと気合が入ります。

よッシャー!!

・・・・・・・・・

さ、さびぃ~~~~。

ま、マジで。

ちょっとこもってたら、外ははとんでもない極寒の地へと変貌しておりました。
うーむ。
窓越しから見る外は日差しがいっぱいで、とってもあったかそうなんですけど・・。

空気自体が冷たいぞ。

困った。
これだと手がかじかむのう。

焚火でもすればいいんですが、やはり風が吹いたり煙が出たりと、
仕事をしながらのたき火はこの時期ちょっと不安。
かといって、今ある灯油のストーブを燃しつづけるのは、ちょっとなぁ・・。

何かいいものないかしら・・。
どうせなら何か作りたいですな、そこら辺にある木とかが燃せて
簡単で、ヤカンなんかも置けて、いつもお湯が沸いてる感じ、
おまけにそこでモチとかも焼けちゃったりして

そんな都合のいいモノあるかしら?


ありました、ありました。
その名もロケットストーブ。

これがまた調べてみると、かなり簡単そう。

いいんでないの!
よし、今回はこのストーブを最初に作ることに決定。

・・・だんだん、何のために何を作るんだかわからなくなってきたぞ・・。
でも、ま、外で何かやるには暖は必要です。

ウン。
[PR]
by decott | 2011-12-21 22:36 | ロケットストーブ