カテゴリ:窓拭き( 3 )

窓拭きの時の話。

この間夕方のニュースの1コーナーでお笑の芸人が
高所窓拭きにチャレンジなるものをしておりました。

あぁ、あんな高いところで仕事してたんだなぁ・・なんて思いながら見てました。

私は窓拭きの仕事は結構好きでした。
それなりの誇りも持ってましたし、やりがいもありました。
でも、周りはあんまりそういう風には見てくれませんでしたね。

親戚のおじさんなんかとたまに会ったりした時は大体
いつまであんな仕事してるんだ。
なんて、よく言われたモンです。

なんか、日本の風潮的にああいった作業着を着た人は
スーツを着て仕事している人より見下されているように感じます。

よくあった話ですが、作業しているビルのエレベーターで
明らかに私より年下の社員と思われる人と一緒になった時
脈絡もなく給料どれぐらいもらってるの?
と聞かれることが多々ありました。

いつも、お前の年収より上だよ。と喉まで出掛かりましたが
たいしたことないですよぉーとあしらってました。

なんだかとっても失礼ですよね。

急に見ず知らずの人に給料なんて聞きませんよ、普通は。
でも、作業着着ている人だと聞いちゃうんでしょうね

そういった点では作業着組みは人間ができていると思います

ま、そうは言っても酒を飲んだ時にはその限りではありませんけどね


寒い時期は窓拭きにとって一番つらい時期です
愛すべき飲んだくれのかつての仲間たちは
今日もどこかのビルにぶら下がっていることでしょう。
by decott | 2007-02-08 00:19 | 窓拭き

窓拭きご一行様。

昨日はちょっと重たいブログでしたね

実は昨日は前の仕事の社長さんご一行が泊まりにきてくれていました
f0081905_1342654.jpg

皆さん全然変わりなく飲んでました。
わざわざ出向いてくれてありがとうございます
今回はこの財政的にも苦しい時だったので
あまりサービスもできずに申し訳ないことをしました

これが何年か後の軌道に乗っている時に
きていただいた時には・・・

・・やっぱり普通にお代をもらってしまうかもしれません。

でも、懲りずにまたきてください

職業柄、歳をとってきてるんだからあんまり高いところとか
無理をしないようにというのは言えませんので
くれぐれも高いところから落ちないようにしてください

もう骨くっつきませんよ。
by decott | 2006-06-13 01:44 | 窓拭き

極意・・か?

今日、窓のガラスを拭いていたら
向かいのオーナーが来て、ガラスクリーナってどうよ
と聞いてきました

この質問はいろんなところで結構聞かれます

はっきりいってガラスクリーナーは窓拭き屋からするとあまりオススメできません
あれは、あぶらで汚れを落とすようなモンですから
使った時が曇りとかだと

おう!綺麗になったぁ!
と思うのですが、
日が照ったり、西日があたったりすると
雨上がりか?・・てぐらいに
虹色にぎらついています。

よく言われる新聞紙も同様です
新聞紙はうまく使えばいいかもしれませんが
いかんせん印字されてますので
当然インクが落ちてきます
最悪、ガラスが汚くなるかも?

で、一番簡単で手っ取り早いのが
きつく絞った雑巾と乾いた雑巾を用意して絞った雑巾で汚れを落とし
その後、乾いた雑巾で水気がなくなるまで良く拭きます。
これでOKです
これは結構効果があると思いますので
お試しあれ。
でも、おおきいガラスはワイパーのような
”スクイジ”と呼ばれるものがあったほうがいいですけどね

久しぶりに建物全部をやりましたが、そこそこ時間がかかりました

ま、仕事にしていたときよりもやっぱりきれいにしてたからかな?

それとも、腕が落ちたか
by decott | 2006-06-03 00:05 | 窓拭き